スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東方VISION金沢大会(6/21)

    何となく書きたくなったので、久しぶりに東方VISIONの大会レポート。

    第30回東方VISION石川大会(6/21)
    使用デッキ:ノンコマ焼きバーン

     -キャラ 21枚-
    3,820,嫦娥
    3,928,蘇我 屠自古
    3,1253,エレン
    3,1265,四季映姫・ヤマザナドゥ
    3,1266,岡崎 夢美
    3,1362,る~こと
    3,1376,わかさぎ姫
     -スペル 29枚-
    2,364,想起「テリブルスーヴニール」
    2,426,豊符「オヲトシハーベスター」
    2,445,禁弾「カタディオプトリック」
    3,605,鬼声「壊滅の咆哮」
    3,843,不滅「フェニックスの尾」
    3,958,雷矢「ガゴウジサイクロン」
    3,1408,水符「テイルフィンスラップ」
    3,1475,怨霊「入鹿の雷」
    2,1528,化符「忘れ傘の夜行列車」
    3,1534,表象「弾幕パラノイア」
    3,1658,冷符「瞬間冷凍ビーム」
     -サイド 10枚-
    2,1252,朝倉 理香子
    3,1637,藤原 妹紅
    1,426,豊符「オヲトシハーベスター」
    1,445,禁弾「カタディオプトリック」
    3,1017,「インペリシャブルシューティング」

    わかさぎ姫、る~こと、屠自古などで自デッキを焼きながら、冷凍ビームからの入鹿の雷でワンショットするデッキ。
    オーバードライブが登場した際に燐禍術と飛頭で普通にコマンドも入れて組んでいましたが、当時は弱かった…。
    攻防一体の冷凍ビームの登場により、実用域に達した印象。枠が無くなったのでコマンド抜きました。
    サイドから妹紅投入により完全な山焼きデッキになりますが、正直最初からそっちの方が強そう。
    バーンも山焼きも似たようなカードで対策されるので、可変式である事はあまり生きないですが、まあ意外性重視で…。
    弱点はパーミッションデッキや地獄など。パーミはそれとなく対策しましたが、地獄は諦めました。

    1回戦:たまNEぎさん(ギルティ) 1-1
    1戦目は要所をカウンターで潰されて、デッキアウト負け。スリーブが映姫だったので嫌な予感はしていました。
    対カウンター要員のエレンと映姫自体を止められたのが痛かった。
    ノードとハンド差で押すも、密葬で全部流されて諦めムードに。
    キャラもデッキも無くなり、入鹿を撃つもオーバードライブ×8で16点しか飛ばせず終了。
    2戦目は紅妹でビートして勝利。そもそもカウンター主体のデッキ相手なんだから、1戦目からビートしてればよかった…。
    3戦目は開始5分で時間切れ、引き分け。

    2回戦:ポテトさん(幽々弁グッスタ?) 2-0
    あんまり覚えてないですが勝ちました。
    こちらは耐性幽霊が多く元々相性が良い事に加え、相手が対策カード(スペルキラー理香子や冥界殺すマン慧音など)を引かず、終始優勢だった気がします。

    3回戦:カノンさん(青娥にゃんにゃん) 2-0
    1戦目。何だろうなーと思っていると、芳香と青娥が出て来る。怪しいので正義の屠自古サンダーで場を清める。
    いい感じにオーバードライブ素材が落ちていたので、そのまま冷凍ビームからの入鹿の雷で50点飛ばして勝利。
    2戦目は妹紅山焼きが綺麗に決まって勝利。
    相手が事故ってただけな気もしますが、初めて想定どおりにデッキを回せた試合でした。

    この時点で階段が崩れ、大会終了。2勝1分で2位でした。
    1回戦の引き分けが敗因な訳ですが、デッキを回し慣れてない為の判断ミスや長考が悔やまれます。
    枚数数えたり掛け算したりするのが面倒なので、ビート寄りの山焼きにした方が良いかなぁと思いました。
    あとよく妹紅を冥界から出し忘れるので、ドローフェイズを迎える事を我慢する訓練が必要。

    久々にノンコマ使いましたが、やっぱり手数とカードパワーの両立で押せるのは楽しいですね。
    山焼きは殆ど居ないので、対策され辛いのも良かったです。
    スポンサーサイト

    テーマ : カードゲーム
    ジャンル : ゲーム

    東方VISION 優勝デッキ解説~富山編~

    前回に引き続き、東方VISIONのデッキを紹介します。
    (本当は一週間前くらいに書いてたのに、下書きのまま忘れてました…)

    【強そうなカードを全部入れたらコマンド枠が無くなったノンコマンド】
    2,314,鈴仙・優曇華院・イナバ
    1,801,鈴仙・優曇華院・イナバ
    3,909,リリカ・プリズムリバー
    3,1266,岡崎 夢美
    3,1362,る~こと
    3,1375,リグル・ナイトバグ
    3,1376,わかさぎ姫
    3,1501,古明地 さとり
    3,364,想起「テリブルスーヴニール」
    3,430,騒符「リリカ・ソロライブ」
    3,511,蝶符「バタフライストーム」
    3,719,想起「恐怖催眠術」
    3,1001,隠蟲「永夜蟄居」
    3,1016,「月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)」
    3,1164,星符「エスケープベロシティ」
    3,1341,「季節外れのバタフライストーム」
    2,1353,「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」
    3,1408,水符「テイルフィンスラップ」
    -サイド-
    2,1252,朝倉 理香子
    2,1363,山童
    2,445,禁弾「カタディオプトリック」
    2,1066,光壁「ウォールブレイク」
    1,1353,「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」
    1,1556,インドラの雷

    単純に「私がやられて困る事」を全て詰め込んだらこうなりました。
    高コストのスペルが多く術者依存が高いので、キャラとスペルが噛み合わないと上手く回らないのが欠点ですが、何か一つでも噛み合えば、そこから一気に勝負を決める事が出来る感じになります。
    (これだけ沢山組み合わせを入れとけば、何かしら初手で噛み合うだろうという考え)

    3ノード1コストに殆どのキャラが固まっている為、一見バランスが悪いようにも見えますが、どのキャラも単独で壊滅的な打撃を与える事が出来る可能性を秘めたキャラですので、毎ターン小出しにしていく事が、相手の全体除去に対する対処法となります。
    また、主力キャラのノードを揃える事が、よく見かける物理術への回答にもなっています。

    前回のノンコマンドでは「カウンターされずらいカードとカードパワーによる力押し」がテーマでしたが、こちらは「相手がカウンターを構える前に押し切る」、「圧倒的なコストパフォーマンスでの物量作戦」というようなテーマです。

    環境にマナ生が多そうだったのでベロシティを入れていましたが、この枠を忘れ傘にすると圧倒的に安定します。
    ベロシティからの最速恐怖催眠も強力ですし、テリブルで普通に使ってバウンスするのも強いので、迷いどころではありますが…。
    (1枚だけ4ノード2コストの優曇華が入っているのは、傘が入っていた時の名残り)

    ちなみに単純なデッキではありますが、全てのカードが「3ノードから使っていける、キープしておきたいと思わせる高性能カード」なので、ノードセットが非常に悩ましいです。
    基本的には再利用の効くスペルを伏せるのが無難ですが、しっかりデッキ内のスペルと術者の残り枚数、相手の動きを考えながら伏せていかないと、いざという時に爆発力が発揮できなくなります。

    ノンコマンドなので、相変わらずワンショットやソリティア、山焼きなどの尖ったデッキは苦手ですが、こちらも早期から打撃を与えていける構成ではあるので、前回のノンコマンドに比べると弱点は少ないです。
    除去の多いコントロール系にはかなり弱そうですが、幸い北陸ではあまり見られず、パワー系のデッキに力押しで勝利しての優勝となりました。


    富山大会では以下のような感じ。

    1回戦:魔界ビート(ガーベラさん)
    相手も展開力と打撃力に優れるデッキでしたが、リグルとさとりが頑張って、速度で勝って何とか勝利。

    2回戦:妹紅山焼き(セクティさん)
    リグルがガン回りして勝利。1戦目は残り3枚まで追い込まれましたが、2戦目は4ターン目くらいに一気に相手のライフ45点を削りきりました。
    (戦闘力8/8の夢蝶が10体ほど並んでました)

    決勝:地獄リグル(たまNEぎさん)
    リグルを殆ど引かず、どうしようかと思いましたが、優曇華が相手の龍神を奪いまくって勝利。


    このデッキも既にもうあんまり弄るところがない感じですが、さとりとノンコマ要素を抜いて、コマンド入れた方が安定しそうではあります。

    テーマ : 東方プロジェクト
    ジャンル : ゲーム

    久しぶりに東方VISIONの記事(優勝デッキ解説~金沢編~)

    ガレキ作製が全く進んでいませんが、面倒になって諦めた訳ではなく、東方のカードゲーム、東方VISIONの大会が立て続けにあった為、そちらの調整で忙しかっただけです。
    面倒になって諦めた訳ではありません

    その甲斐あってか、直近の大会では石川大会で2連続1位、富山大会でも先週末の大会で1位と、絶好調でした。
    デッキ構築云々よりも、運が良かった感も強いですが、日頃からの信仰の賜物だと思っています。

    もちろん私の信仰対象はレミリア様です。

    以下デッキレシピとちょっとした解説。

    【限界を感じている愛用のノンコマンド(石川大会)】
    3,940,二ッ岩 マミゾウ
    3,1054,星熊 勇儀
    3,1253,エレン
    3,1279,レミリア・スカーレット
    3,1280,西行寺 幽々子
    3,1362,る~こと
    3,1376,わかさぎ姫
    3,1399,少名 針妙丸
    3,1400,堀川 雷鼓
    1,201,空虚「インフレーションスクウェア」
    2,350,霊符「古き地縛霊の目覚め」
    1,364,想起「テリブルスーヴニール」
    2,426,豊符「オヲトシハーベスター」
    2,445,禁弾「カタディオプトリック」
    2,1006,紅魔「スカーレットデビル」
    1,1066,光壁「ウォールブレイク」
    1,1068,星粒「スターピースシャワー」
    3,1085,「聖尼公のエア巻物」
    3,1345,「スカーレットディスティニー」
    3,1408,水符「テイルフィンスラップ」
    3,1534,表象「弾幕パラノイア」
    -サイド-
    2,1252,朝倉 理香子
    2,1363,山童
    2,1517,上白沢 慧音(白沢)
    2,P110,PR.110 秘術「天文密葬法」
    2,744,雲外蒼天

    ノンコマンドならではのデッキパワーでごり押しするというコンセプト。
    一発逆転に繋がるカードが多く、それらがカウンターし辛いエア巻きやパラノイアから飛び出てくる為、相手に謎のプレッシャーを与える事が出来ます。
    勝ち筋は基本的に雷鼓や針妙丸などの高性能キャラで押し切る形か、目覚めディスティニーでのワンショット。
    一見遅そうに見えますが、エレンやる~ことが絡むと、3ターン前後での決着もあります。
    弱点が多いデッキですが、カタディや、パラノイアで引っ張ってくるウォールブレイクなどである程度補っています。
    わかさぎ姫が初手にあれば物量で押し切る事も出来、何よりエア巻きの爆発力が半端ないので、使っていて楽しいデッキです。

    サイドボードはあまり考える時間が残っていなかった為、正直適当な感じに。
    メインから苦手デッキへの対処をある程度盛り込んであった為、あまり困らず、案の定使ったのは密葬くらいでした(今はメインに入ってます)。

    このタイプのノンコマンドには限界を感じてきていたので、富山大会ではガラっと趣向を変えたノンコマンドを組んで行きました。
    VISION関係の人がココを見ているのかは非常に疑問ですが、次回は富山大会優勝デッキを紹介します。

    ※北陸は土地柄が反映されてか、妨害系のデッキが少ない平和な環境なので、殺伐とした環境な方には全く参考になりません

    テーマ : 東方Project
    ジャンル : ゲーム

    うろおぼえの大会レポート5/10全国大会(東方VISION)

    TERAのアップデートにも脇目も振らず、VISIONばっかりやってました。
    ちょうど例大祭の前日に、東京でVISIONの全国大会があったので、参加してきました。

    金沢の大会では最近上位だったので、「全国ならまあ1勝はしたいな」と思って臨みましたが、2勝2分けで、128人中ベスト32くらいには入ってるんじゃないかなという、なかなかの好成績でした。
    (どっかであと1セット取れてればベスト8で決勝に進めてたのに・・・)

    大会の緊張と例大祭前後の疲れによって記憶がおぼろげですが、何となくレポート。
    (対戦相手の名前とデッキくらいはメモっとけばよかったなぁ・・・)

    今回もノンコマンドで行きました。
    色々不安で、対応力を上げる方向で調整しましたが、結果的に若干攻め手が緩くなってしまっていた印象。
    「やられてもやり返せる」のが良いのか、「やられる前にやる」のが良いのか、悩ましいところです。


    ■1回戦:三妖精グッスタ?(1-1)
    1戦目は初手三妖精で何度かドローされるも、引きが悪かったようで、あっさり殴り勝ち。
    冥界に衛星斬が見えていた為、衛星斬デッキだと思ってしまったのが運の尽き。
    妖夢が3ノードのヤツだった為、2戦目は小傘をサイドに外してしまったところ、テレメスを連打されてレッドアイズまで張られてサレンダー。
    3戦目は小傘とぬえを3枚投入し、テレメスを返しつつ攻めるも、永劫斬を連打されて攻め手を欠いているところで時間切れ、引き分け。

    ■2回戦:地獄(2-0)
    地獄は苦手な為、1戦目の2ターン目くらいでいきなり地獄がめくれて戦慄。
    しかし地獄と相性の良いカードが殆ど出てこず、キクリも15弾の方だったりした為、普通に殴り勝てました。
    まだ始めたばかりだったなようで、15弾と各種スターターくらいしか持っていないとの事でした。

    ■3回戦:ウォームカラー山焼き(2-0)
    1戦目は事故っていた様子で、藍が出てきた以外は何もされずに普通に殴り勝ち。
    2戦目も殆ど何もしてこず、嫌な予感を感じつつ殴り続けていたところ、「まあ、やるか・・・」という感じの不気味な宣言から動き出す相手。
    ドロー系のカードをひたすらグルグル回し、藍や情報戦で相手の手札を確認しつつ、ウォームカラーで一気にアドを取って山を焼くデッキでした。
    延々と不可解な行動を繰り返す相手を横目にレミリア様に祈っていたところ、パーツが揃わず、ターン1枚制限の壁に阻まれて動けなくなったようで、ターンが帰って来る。

    相手のライフは残り8、こちらの場には雷鼓と美鈴、凌がれると恐らく次ターンに焼き殺されるという状況。
    恐る恐る雷鼓でアタックすると、干渉でマナシールドをプレイされ、2点残ってしまう。
    ここで謎の閃きを得て、小傘プレイで雷鼓を手札に戻し、雷鼓速攻アタック→美鈴起動で雷鼓の攻撃を4に下げ、マナシールドで2点減少、ちょうど2点削って勝利しました。
    相手は予想通り雲外蒼天を握っており、普通に殴っていたら負けていました。

    ■4回戦:除外八雲(1-1)
    自他の冥界を活用する私にとって、地獄と同じくらい苦手な相手。
    ただ、相手もコマンド依存が大きいので、上手く除外が回らなければ厳しい様子。
    1戦目は割とスムーズにこちらが回り、残り8点まで追い詰めるも、四重結界を張られてしまう。
    対抗策を引かず、そのまま八雲家の面々に殴られ続けて負け。

    2戦目は相手側がスムーズに回り、早々に除外コマンドが15枚に達し、相手の場に触れなくなってしまう。
    あと1発殴られたら死ぬというところで奇跡的に自縛霊の目覚めドロー。
    相手の冥界コマンドがちょうど4枚だった為、針妙丸を2体並べての総攻撃で逆転勝利。残り時間が二分しかなく、そのまま引き分けに。
    実は相手の冥界には無縁塚が2枚あり、メンテナンスに回収し忘れていたそうで、かなり無念そうでした。
    この勝負で勝った方がベスト8で決勝に進出できるという状況だった為、引き分けはちょっと申し訳なかったかなと、心が痛みました。


    この時点で決勝に進む事が出来なかった為、同時開催されていたガンスリ戦に参加しました。
    (1本先取で次々と相手を変えてひたすら戦う形式)
    結果は5勝3敗時点で時間切れ。景品として、ちょうど欲しかった大祓を貰って終了。

    やはり全国大会だけあって、参加者の半数以上が地方大会の優勝者クラス以上の実力という印象で、厳しい戦いを強いられる事が多かったですが、充実感のある一日でした。
    (ディスティニーを本戦で1度も撃てなかった事だけが残念)

    ↓大会会場で親切な人から貰ったPRカード
    PR150
    PR151

    実は全国大会&例大祭行きを決意した理由は、このカードの受領の為でした。

    テーマ : 東方Project
    ジャンル : ゲーム

    うろおぼえの大会レポート3/30(東方Vision)

    昨年末からハマってるVISIONですが、3/30の金沢大会にてようやく、念願の初優勝を果たせました。
    紆余曲折ありましたが、1つのデッキを地道に改善し続けた結果での勝利は、純粋に嬉しかったです。
    (紆余曲折:うろ金→コーラスうろ金→ノンコマンドうろ金→ノンコマンド)

    理香子を置かれたり、好き放題ワンショットされたり、「ファンデッキですか?」と言われたりするという逆境の中、色々反省しながら10位→5位→3位→1位と、順調に順位を上げていく事が出来ました。
    これも対戦でボコボコにしてくれて対策を授けてくれた対戦者の皆様と、日頃からのレミリア様への崇拝のおかげだと思います。

    ↓優勝商品のフランちゃん
    PRカードフランちゃん


    とりあえずデッキはこんな感じでした。

    -キャラ29枚-
    3,303,玉兎
    3,932,小野塚 小町
    3,1054,星熊 勇儀
    3,1056,古明地 こいし
    3,1249,紅 美鈴
    2,1279,レミリア・スカーレット
    3,1362,る~こと
    3,1376,わかさぎ姫
    3,1399,少名 針妙丸
    3,1400,堀川 雷鼓

    -スペル21枚-
    2,350,霊符「古き地縛霊の目覚め」
    1,364,想起「テリブルスーヴニール」
    3,426,豊符「オヲトシハーベスター」
    2,1003,神霊「夢想封印 瞬」
    2,1006,紅魔「スカーレットデビル」
    3,1085,「聖尼公のエア巻物」
    2,1087,「嫌われ者のフィロソフィ」
    3,1408,水符「テイルフィンスラップ」
    3,P110,秘術「天文密葬法」

    -サイド-
    2,1280,西行寺 幽々子
    3,1383,蘇我 屠自古
    3,445,禁弾「カタディオプトリック」
    2,1015,死蝶「花胥の永眠」

    大会直前まではエレン3積みで、瞬が入っていなかったのですが、前日の調整で「立ち上がりの遅さ」と「エレンの空気感」、「勝ち筋の強度不足」に危機感を覚え、急遽エレンを玉兎に変更、スペル枠に瞬をねじ込んだのが功を奏しました。

    サイドにはビート対策対策として屠自古を投入。
    スペルが多めでデッキも削り易い為、安定して毎ターン5点前後飛ばしてくれる頼もしい奴です。
    苦手な地獄や幽霊デッキなど、通常の除去では効果が薄い相手に対してはレミリア様と幽々子を入れ替える形で対応。

    相手によっては針妙丸や自縛霊の目覚めが完全に腐る為、サイド入れ替えでのデッキ主軸の転換を意図しました。

    以下大会レポート。


    続きを読む

    テーマ : 東方プロジェクト
    ジャンル : ゲーム

    プロフィール

    あお

    Author:あお
    レミリア様の魅力にすっかりやられてしまっている人。
    想いをこじらせて崇拝してます。
    VISION対戦希望者歓迎

    【記事ジャンル】
    ・レミリア様(東方)
    ・東方VISION(カードゲーム)
    ・写真撮影(フィギュア)

    【好きなカード】
    ・聖尼公のエア巻物(VISION)

    ※プロフ画像はVISION仲間の画伯が描いてくれました

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    リンク
    相互リンク歓迎
    カウンター
    ブログランキング
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。