スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「カリスマかわいい感じで」とレミリア様のイラストをリクエストした結果

    VISION仲間の絵描きさんに「カリスマかわいい感じで」とレミリア様のイラストをリクエストした結果。



    ↓間違っているが間違ってはいない
    イラスト


    スポンサーサイト

    テーマ : 東方プロジェクト
    ジャンル : ゲーム

    レミリア様専用カメラ購入

    レミリア様のフィギュアをより綺麗に撮影したいという欲求に負け、ミラーレス一眼を衝動買いしてしまいました。

    本体:SONY α7 ILCE-7
    レンズ:SONY FE55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

    レミリア様をより綺麗に撮影するにはどうしたら良いかを色々調べた結果、ミラーレスで唯一のフルサイズ機である上記機種にたどり着きました。
    レンズはズーム機能の無い単焦点レンズというもので、利便性と引き換えに画質を追及した設計で、鮮やかな発色や美しいボケが得られるという感じの物。
    最終的にネット上の解説や評判、作品例等をチェックして決定しました。

    初心者の割には高価な物を選んでしまった感がありますが、レミリア様の為なので仕方ないですね
    (本体が約12万、レンズが約8万…)

    早速撮ってみました。

    ↓正面から(かわいい)
    正面
    適当に撮っただけでも、以前コンパクトカメラで撮った写真との違いがハッキリ分かります。
    解像度が高いのはもちろん、色がより鮮明で、ボケも綺麗に出ており、立体感のある写りになっています。
    (コンパクトの写真は撮影後にPCでコントラストや彩度を調整してましたが、今回撮ったのは無調整です)

    もうちょっと明るく撮れればベストでしたが、設定を変更すればいくらでも写り具合を調整できますので、そうした試行錯誤が一眼の醍醐味なのかなと思いました。


    ↓やや斜めから(かわいい)
    やや斜めから

    シャッタースピードを遅くした結果、今度はちょっと明るくなりすぎた感が。
    主に「絞り」、「シャッタースピード」、「ISO感度」という三つの設定が、それぞれ写りに相互干渉する感じなので、思い通りの写真を撮るにはちょっと慣れが必要そうです。
    (まあオートでも割と綺麗に撮れるんですが)

    コンパクトカメラでもそれらの設定は触れるものの、性能的に殆ど無意味だったり、いちいちメニュー画面に入り込まなければ設定できなかったりして、あまり使う事が無かったですが、一眼はやたら沢山付いてるダイヤルやボタンで、撮影しながら自在に設定を変えられるのが良いですね。


    ↓背面(かわいい)
    背面

    かわいい背中の美しい羽根のグラデーションも綺麗に写ります。
    リボンもかわいい。


    ↓よくわからない撮影モードを使用(かわいい)
    特殊撮影

    特殊効果をかけるモードも沢山あって、なかなか面白いです。
    色々試してて、これがどんな特殊効果で撮ったのか分からなくなりましたが、「異なる補正で3連写した画像を合成し・・・」みたいなヤツで、デジカメならではのハイテクさを感じました。


    正直、一回フィギュアを撮ったらもう飽きる覚悟で買いましたが、意外と今後も色々写真を撮ってみたくなりました。

    テーマ : フィギュア撮影
    ジャンル : サブカル

    私とレミリア様の歴史

    何となく昔の事を思い出していたら、思いのほか記憶が曖昧だった為、完全にボケる前に記録。

    【2006年頃】(にわか時代)
    アリスの某有名MADにて東方を知り、当時の最新作である永夜抄を購入。
    元々STGやゲームミュージックが好きだった為、すぐにハマる。
    この時点での好きなキャラはMADの影響もあり、アリスと魔理沙


    【2006~2007年頃】(黎明期)
    永夜抄から遡って購入して行き、妖々夢を経て、紅魔郷をプレイ。
    改めてラスボスとしてのレミリア様と出会い、セプテット共々気に入って好きなキャラNo.1に。
    この時点では単純に「かわいいキャラ」という程度の認識。


    【2008年~2009年頃】(激闘編)
    東方にどっぷりとハマり、新作が出る度に購入し、アレンジCDなども集め始める。
    多くのキャラクターと出会うも、レミリア様のNo.1の地位は揺るがず。
    レミリア様に対し特別な愛情を感じ始める


    【2010年~2011年頃】(その時歴史が動いた)
    レミリア様に対しカリスマを感じるようになる。
    単純に愛らしいというだけだけでなく、強さや気高さ、それに相反するわがままで気まぐれな子どもっぽい性格や振る舞いなど、全てにおいて極めて強い魅力を感じ、レミリア様に対し「服従したい」という気持ちが芽生える


    【2012年~】(そして伝説へ)
    もはやレミリア様無しには生きられないようになり、気に入ったグッズや同人誌を手当たり次第に集め始める。
    レミリア様に絶対の忠誠を誓い、頭の中には常にレミリア様に対する畏敬と敬愛の言葉が巡る。
    レミリア様にいつでも最高の血を献上できるよう、健康に気を遣い、身体を鍛え始めるなど、奇行が目立つようになる。
    「レミィ」等と軽々しく連呼する輩が居ると、内心穏やかではない。
    カードゲームなどで周囲に合わせて「レミリア」と呼び捨てにしてしまうと、罪悪感に苛まれる。
    レミリア様の姿を見ているだけで幸せな気持ちになり、現実などどうでも良くなる



    どう見ても廃人です、本当にありがとうございました。

    テーマ : 東方Project
    ジャンル : ゲーム

    レミリア様専用フィギュアケース

    前回のレミリア様フィギュアの為にフィギュアケースを物色していたところ、ちょうど良いサイズのケースがあった為購入しました。

    マスターライトハウス01 (フィギュア展示用アクリルケース LEDライト付き)
    ケース1

    写真ではなんか凄い白飛びしてますが、実際にはなかなか良い感じです。
    上下四隅に合計8つのLEDライトがあり、それぞれ角度と方向を変えることができる為、割と自在に照らす事ができます。

    左下手前のライトがどう頑張ってもスカートの中しか照らせない位置なのと、アクリル板4枚を台座にはめ込んで組み立てるタイプなので、密閉性が低い(隙間がある)のが欠点ですが、まあその辺は 中国製なので 構造上仕方ないのかなと。
    (スカートの中しか照らせないのはレミリア様の躍動感あふれるスカートのせいですが)

    アクリル板の透明度も高く、鑑賞用のケースとしては良い商品なのではないかと思いました。
    背面が鏡なのもポイントが高いです。
    (激しく色々写り込むので撮影には適さないですが…)


    ↓部屋を暗くしても綺麗
    ケース2

    スカートの中しか照らせない左下手前ライトは申し訳程度に台座を照らし、間接照明的に利用。
    スカートの中を照らした方が足とかが綺麗に写る気もしますが、恐れ多くて躊躇われます。

    ちなみに電源はUSB給電と単4乾電池6本の二通り。
    正真正銘の中国製(設計も製造も中国)なので、耐久性にそこはかとなく不安がありますが、今のところ特に問題は発生していません。


    それにしてもこのフィギュア、本当に素晴らしいです。
    もはや芸術品と言っても過言では無いくらい洗練されていて、ライトアップしても見栄えが良く、つい見入ってしまいます。
    (普通は塗装や造形の荒が目立ちがち)

    優雅なBGMにコーヒーや紅茶を飲みながら、ゆったりとこのフィギュアを鑑賞するのが、最近の贅沢な時間の使い方です。

    テーマ : 東方
    ジャンル : サブカル

    1/6レミリア様フィギュア(メルボックス・猫の小判)

    ヤフオクで一目惚れして購入したフィギュアが到着したのでレビュー。

    ↓とりあえず正面から(背景は部屋に転がってた紙袋で代用)
    ガレキ1

    ↓かわいい(確信)
    ガレキ2

    ↓ちょっと角度を変えて(フリルが凄い)
    ガレキ3

    フィギュアといっても完成品ではなく、未塗装未組み立てのガレージキット。
    自分では作れる気がしなかった為、プロに作成を依頼し、待つ事2~3ヶ月程でようやく完成品が到着したという次第です。
    (実際の制作期間は1~2週間ほどで、殆どは順番待ちのようでしたが)

    目に見える範囲では荒が無く(スカートの中を覗き込むと継ぎ目がうっすら見える程度)、さすがはプロという出来栄えです。
    塗装も指定した通り、「つや消しだけど、衣服はシルクっぽい質感」というところまできっちり再現されています。
    (光の当たり具合により若干の光沢感がある)

    レミリア様のフィギュアは沢山出ていますが、個人的にはこのフィギュアがキャラクター性をいちばん上手く、魅力的に表現していると思っています。
    吸血鬼のお嬢様としてのかっこ良さと、子どもっぽい性格が垣間見られる可愛らしさが、互いに損なわれる事無く絶妙に融合され、全体から感じられます。
    何らかの飛び道具を放っていると思われるアクティブなポーズからも、レミリア様らしいカリスマが滲み出ています。

    また、単純にフィギュアとして見ても、非常にバランスの良いプロポーションで、ダイナミックにはためくスカートから覗く愛らしいふくらはぎの自然なふくらみ等は特に美しく、見ていて飽きません。
    市販のPVCフィギュア等とは明らかに一線を画す、確かな満足感が得られます。
    (造形の完成度や塗装の質が全く違います)

    何だかんだで結構な額の買い物になりましたが、家宝として大切に飾ります。


    ちなみに以前買ったキューズQのフランちゃんもアグレッシブなポージングで足が折れそうで不安でしたが、このレミリア様も斜め後ろに飛び退きながら飛び道具を撃つという、どう頑張っても自立しない姿勢なので、足の耐久性が不安です。

    あのフランちゃんはかなり華奢で服も羽根も身軽でしたが、こっちのレミリア様は健康でやわらかそうな身体に加え、服と羽根もかなりボリュームがあり、結構重いので、尚更不安を掻き立てます。

    それにしてもこういうの撮ってると一眼レフカメラが欲しくなる・・・。

    テーマ : 東方
    ジャンル : サブカル

    ブログリニューアル

    元々オンラインゲーム「TERA」がメインだったこのブログですが、垢ハックを受けたり やる気が無くなったり して引退を余儀なくされた為、現状に合わせ、ブログをリニューアルしました。

    リニューアルと言ってもブログタイトル、各種説明文や登録カテゴリの変更くらいですが、今後は以下のような内容となる予定です。
    ・レミリア様の素晴らしさに関する内容
    ・東方関連のゲームやグッズ等に関する内容
    ・カードゲーム「東方VISION」に関する内容
    ・音ゲー「SOUND VOLTEX」に関する内容

    気のせいか今までとあまり変わっていない気もしますが、よろしくお願いします。

    次回はもうすぐ届く予定の、レミリア様の素晴らしいフィギュアについて紹介する予定です。

    テーマ : 東方プロジェクト
    ジャンル : ゲーム

    プロフィール

    あお

    Author:あお
    レミリア様の魅力にすっかりやられてしまっている人。
    想いをこじらせて崇拝してます。
    VISION対戦希望者歓迎

    【記事ジャンル】
    ・レミリア様(東方)
    ・東方VISION(カードゲーム)
    ・写真撮影(フィギュア)

    【好きなカード】
    ・聖尼公のエア巻物(VISION)

    ※プロフ画像はVISION仲間の画伯が描いてくれました

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    リンク
    相互リンク歓迎
    カウンター
    ブログランキング
    カレンダー
    05 | 2014/06 | 07
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。